中古別荘購入のメリット

別荘を取得するにあたっては、土地を購入した上で建物を新築する場合、土地つきの建売分譲を購入する場合、土地つきの中古建物を購入する場合という、大きくは3つのパターンが考えられます。
一般に別荘の取得といえば、新築か建売を連想するものと思われますが、中古の建物を購入する場合にも、特有のメリットというものが存在します。

まず、新築や建売よりも費用が圧倒的に安いということが挙げられます。
築年数があまり経過していない場合でも、いったん人手に渡ったものが売りに出される場合には、価格を下げて顧客を獲得するというのが常道です。

木造であれば、築年数が20年程度を過ぎたものについては、建物としての価値はほぼなくなりますので、古屋つきの土地としての格安の評価となります。

あなたの探していた軽井沢の土地の検索がとっても楽になりました。

しかも、別荘は使用頻度の高い一般住宅とは異なり、シーズンだけの利用ですので、築年数を相当経過していたとしても、内部はきれいなことが多く、前所有者の家具や調度品なども、建物とともにそっくり取得できる可能性も高いといえます。

軽井沢の別荘のサイトが登場しました。

また、日本全国が開発ブームに沸いたバブル時代とは異なり、現在では別荘地の新規の開発は低調となっていますので、眺望がよく快適な土地はすでに売り尽くされた感があります。



そのようななかで、新規の適地を探すのは難しく、逆に中古で建物を購入してそのまま使うか、もし気に入らなければ建物は解体するかリフォームするかして、思い通りに作り変えたほうが、より条件に恵まれた別荘を手にすることができます。